AIRE

ABOUT アイレについて

創業 / 沿革

1961年 コンタクトレンズの製造及び輸入販売を事業目的として、「有限会社荒江光学工房」を設立。
コンタクトレンズの受託工場として国内企業に製品をOEM供給する。
1970年 工場ビルを新築し、加工旋盤及び研磨機などを導入する。
1987年 最新の研磨機及び超音波洗浄器などを導入し、生産性向上と品質の確保を図る。
1989年 荒江 一が二代目代表取締役に就任。
1992年 工場ビルの隣接地に本社社屋を完成する。
また、最新のコンピュータ制御加工旋盤など製造機械を新たに導入し、一段と生産力を向上する。
商号を「株式会社荒江光学」に変更する。
1997年 ソフトコンタクトレンズの製造をイギリスの製造工場に委託し、コンベンショナルタイプソフトコンタクトレンズ「アイセルラソフト」の発売を始める。
1999年 台湾のセントシャインオプチカル(St.Shine Optical)と業務提携し、1ヵ月交換ソフトコンタクトレンズ「アイレ30」を発売。
2000年 富士コンタクト社にPBブランド「プレビュー30」供給。
2002年 シード社に1MレンズOEM「マンスリーファイン」供給。
2005年 2週間交換ソフトレンズ「アイレ14」発売。
メガネトップ社にPBブランド「2ウィークフレッシュ」供給。
2007年 商号を「株式会社アイレ」に変更。
1日使い捨てソフトコンタクト「ワンデーアイレ」発売。
2008年 ユニセフ支援活動開始。
オフテクス社にワンデーレンズOEM「ワンデービューノ」供給。
メガネトップ社にPBブランド「ワンデーフレッシュ」供給。
2010年 1日使い捨てソフトコンタクト環状着色レンズ「ワンデーアイレ リアル」
「ネオサイトワンデー リング」発売。
メガネトップ社にPBブランド「ワンデー スパークリング」供給。
物流、開発の拠点として戸田センター設立。
2011年 本社を東京都板橋区宮本町から東京都豊島区東池袋に移転。
2012年 「ワンデーアイレ アクアモイスト」「ネオサイトワンデー アクアモイスト」発売。
2013年 江原 良雄が三代目代表取締役に就任。
JFL(現J3)福島ユナイテッドFCとスポンサー契約。
2014年 「ワンデーアイレ リアル トーリック」発売。
※「1day」「乱視用」「サークルレンズ」としては日本初の製品化
「プライムワンデー」発売。
2015年 荒江 健が四代目代表取締役に就任。
「ネオサイトワンデー リングUV」「ワンデーアイレ ヴィフUV」
「ネオサイトワンデー シエルUV」発売。

PAGE TOP

独立行政法人医薬品医療機器総合機構特設サイト アイレは福島ユナイテッドFCを応援しています