AIRE

STUDY よくわかるコンタクトレンズ

コンタクトレンズの装用方法

コンタクトレンズを取り扱う際の注意

  • 最初に手指を石けんでよく洗い、よくすすいで清潔にしてください。

  • コンタクトレンズはメイクをする「前」に装用しましょう。化粧品が付着し、レンズが白濁したり変形する可能性があります。ヘアースプレーやワックス等の整髪料の付着にも注意しましょう。

  • つながっているブリスターパックを山折りにして、ひとつに切り離します。隣のブリスターまで開封してしまうと液が乾燥してしまうので気を付けましょう。

  • レンズを指先でそっとすくい出すか、液ごと手のひらに流し、取り出してください。

  • 爪を立てたり、容器のふちにレンズを押し付けたりしてレンズを傷つけないように注意しましょう。

装用方法

STEP

  • レンズを取り出したら、レンズの状態を確認しましょう。

  • レンズを持っている手の中指で下まぶたを下げます。

  • もう一方の手の人差し指で上まぶたを引き上げます。

  • 正面を見て、レンズを目に静かにのせます。レンズが黒目に正しくのっていることを確認し、ゆっくり指を離します。

はずし方

STEP

  • 上方を見て、利き手の中指で下まぶたをさげます。

  • 人差し指の腹で、レンズを黒目より少し下方にずらします。

  • ずらしたレンズを親指と人差し指の腹で軽くつまんではずします。
    ※爪がレンズに触れないよう注意してください。

コンタクトレンズを捨てる際の注意

コンタクトレンズは、家庭用(プラスチック)ごみとして、お住まいの地域の定められた方法にて廃棄しましょう。

また、トイレや洗面台・お風呂の排水溝などに流すのは、やめましょう。
下水に流れたコンタクトレンズは下水処理場で細かく砕かれ、マイクロプラスチック ( 微小なプラスチック粒子 ) として海に流れ出し、海洋汚染につながる可能性があります。

PAGE TOP

独立行政法人医薬品医療機器総合機構特設サイト 9/10はコンタクトレンズの日